majorminor

poser

uncategorized

スニーカー好きだった時の話

投稿日:

どうも。ただの日記です。記録として残しておこうと思う。

僕もtwitterフォローしてくれてる人の多くはスニーカー好きだったりな方が多いと思うんで

僕のスニーカー集めてた時期の話をすこし。僕がここ最近で一番スニーカー集めてたのは第二次スニーカーブームの始まりくらいでした。この時期は色んな名作が復刻パレードでもう楽しくて仕方がなかった。特に自分の中でのスニーカーブームの始まりは2014年の夏、air jordan6のカーマインが復刻したことが一番でかかった。これはもう知る人ぞ知る超名作で、僕が個人的にスニーカーtop3上げるなら、間違いなくランクインするやつ。普段は理屈的に考えちゃうタイプなんだけどこればっかりはただただかっこいい。もう考える暇を与えずに直観で一番痺れたのはカーマインでした。

Processed with VSCOcam with t1 preset

これですこれです。ここから長く忘れていたスニーカーの熱を取り戻していくわけですね。

オンラインで買う人と並ぶ人

最近は嬉しいことに色んな方がスニーカーを買ってくれたり、回してくれたりしていただけるような縁が増えたんですが、当時はもちろん並んでました。オンラインで買える人がうらやましくて仕方がなかったですよね正直。ただ、現場は現場で本当に楽しかったです。当時twitterもやっていなかった僕はというと隣になった人とおしゃべりするのが楽しみでした。

買えるんですかね~

どうなんすかね~

どこからきたんですか?

ええ!遠いところから!

また飯行きましょうよ~

みたいな。段々顔なじみも増えて。段々買えなくても友達に会えるのが楽しくてもはやスニーカーかえなくてもいいんじゃね?くらいの勢いでした。

ですがここ最近は当時並んでいた方も、そして僕もあまりスニーカーは買わなくなりました。

復刻祭りの代償

当時懐かしんだスニーカーも今や大体が復刻され、ぼくはというとかなりおなか一杯です。

今やどこのブランドをみても復刻復刻の大合唱です。ぼくも大声で歌わせてもらいました。しかし代償もあるようで僕みたいな懐かしみで復刻スニーカーを買っていた層はそろそろ飽きてるんじゃないかとおもいます。 正直個人的には復刻は嬉しいですが、ブランド的にはかなり屈辱的だと思います。なにせ今のデザインじゃ売れないから昔のデザイン引っ張ってくるわけですから。現にデザインされてる方が当時と同じでも異なる方でもかなり屈辱だと思います。諸刃の剣ですよね。間違いなく復刻は当時を知る人なら買ってしまいます。しかしそういう人は新作には興味はありません。残念なことに自分もなかなか新作のスニーカーは買わなくなりました。

本当に好きなら新しいの買おう。

これに尽きると思います。大好きなブランドがなくなるのはとても辛いです。新作はなるべく買いたいと思えるように自分も心がけてはいますが、やはり若い子には敵いません。yeezy やsupreme 、様々なブランドが全盛期の頃に思春期を迎え、その感受性の豊かな心にこれらのブランドを直に感じてる若い子っていうのは買う量もスピードもある種大人以上だと思います。

そういう子たちがブランドの盛り上がりを大いに左右します。しかし、昨今のアパレル商売というのは品薄商法がもう原則にまでなりつつあり、本来買いたいと思う子供たちや大人も含め買えない状況です。そうして買えなくても本当に欲しい人は二次流通市場で定価以上のお金を出し買う人が大半でしょう。しかしその利益はブランドではなく、出品者へ。しかしそれを斡旋しているのは悲しいことにブランド側です。

在庫を捌けさせることを最優先するがあまり二次流通市場へ商品を投下し、あとは相場と需要と供給に任せ、自分たちは新たな商品を作るために最低限の資金と時間を確保する構図が出来上がってしまっています。悲しいことにこれは私たちも同じで、そのような商品を欲しいと思い、このような商品しか売れない現状があり、その需要を企業は満たしているだけなのです。誰が悪いとかそういう話ではありません。すべての部分にメリットがありデメリットがあります。見る側面違えば考えもちがいます。

僕もレアものは大好きです。限定ものには弱いです。しかしバランスを崩すと本当に好きだったものが好きでなくなってしまったり、ビジネスの単なる道具になってしまいます。

-uncategorized

Copyright© poser , 2019 All Rights Reserved.