majorminor

poser

fashion 日記

ファッションと個性のジレンマ

投稿日:

個性的であるということ

服を着る人間にとって究極の問題である、人と服が被りたくない、すなわち個性的でいたいという問題。ある程度ファッションが好きで知識もある人間にとって、人と服が被ってしまうのは何だかとても気に食わない。そしてどんどんマニアックな服を着始める。どんどん誰からも理解されなくなり、自分の良く知るブランドを着ている人に対して「あ~まだそこで止まってるんだ~」とか「ミーハーだなぁ」とかいう人がいます。同じブランドを好きでいるのに自分がマニアックだからと浅い知識の人を見下し自分のこと理解してもらおうと、頑張って他人をDISって自分を正当化しようとする人がいます。自分がオリジナル(個性的)であるために人を貶す人がいます。

 

オリジナリティとは

僕の中でファッションにおけるオリジナティの定義はまだ分かりません。人と違う服を着ることなのかもしれませんし、だれも持ってないモノを着ることかもしれません、もしくは自分で服を作ることかもしれません。ただ一つ明確に感じることとして、オリジナルでいることの最低条件は「まずは他人のファッションを認めることです。」どれだけ自分がオリジナルであるために、人のファッションを否定し続け、自分が認めないモノを排除し続けても、そこに残るのは自分と同じ負の感情をもった人間です。そうして出来上がった環境はその人をヘイトの渦に閉じ込めます。なぜなら周りはその人の負のワードに期待しその人はそれに応えようとするからです。

まとめ

個性というのは一人で成しえることが出来ません。比べることによってのみ差異が見つかります。例えば地球に人間がたった一人しかいないとして、その人がどれだけ足が速かろうと比べることが出来ないのでそれは個性ではありません。二人以上いて、自分より足の遅い人間がいて初めて足が速いという個性が生まれるのです。すなわち、自分が個性的であるために自分が認めない人間を排除して同じタイプの人間を周りにおいても、それは個性的な人間には程遠いのです。

-fashion, 日記

Copyright© poser , 2019 All Rights Reserved.